Hello, world!
良い水に仕上げる条件: 沖縄糸満沖30km海洋深層水の販売と使い方

2020年05月08日

良い水に仕上げる条件

うるおい水ベースの作り方(海洋深層水ベース)
トンネルフォトン水60db=沖縄糸満沖深海1400m、600mとやんばるの森の水3種調合液の千倍希釈用=成分調律水
トンネルフォトン水60dbと水道水を使ったうるおい水作りテキスト

水道水を沸騰法で塩素除去→その塩素除去された水道水(できるだけ硬度の低い超軟水が浸透に良いと思う)
塩素除去について、水道水は塩素殺菌された衛生水で環境基準に応じて残存塩素量は高い。
塩素除去した水道水1000ccにトンネルフォトン水60db1ccを添加し、強く拡販する→この時瞬時に水が極性を得た感触
(泡立ちがさっと消え、水乱流が調律された規則的な動きになる)→希釈下深層水ベースを陰圧にし、冷蔵庫で4度に固定保管して出来上がり

深層水ベースの使い方(トンネルフォトン水0db)
実験(環境温度18度、湿度50%)によると水道水を直接肌に霧吹きで噴霧すると、数秒で細胞が水を吸い込む
しかし、吸い込んで数秒後、細胞から水を吐き出す。悪い水と認識しての反射のようである


CIMG2129.JPGCIMG2130.JPGCIMG2131.JPG今朝の植物の霧雨による潤いの評価写真データーをアップします

posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 07:03| 沖縄 ☁| Comment(0) | トンネルフォトン水利用マニュアルと治験例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。