Hello, world!
今日の沖縄梅雨のしとしと雨・水と美容健康について: 沖縄糸満沖30km海洋深層水の販売と使い方

2020年05月19日

今日の沖縄梅雨のしとしと雨・水と美容健康について

腸内細菌叢バランス改善専用海洋深層水調合液について

平成27年1220日発行研究資料 ShuzouArakaki周超音波研究所 新垣 

研究所住所 沖縄県南城市

URL:https://shuzouarakaki.jp

1海洋深層水調合液フローラ(腸内善玉細菌叢バランス回復目的飲料水)とは

胃腸を潤すつまり胃腸の粘膜を保湿しMALT装置(粘膜付属リンパ組織)の機能活躍能力を本来の反応レベルに調律するのが目的です。詳しくは免疫学を参考ください

取水地は糸満沖(港川漁協より160°の方位)の深海1400m(海洋学的真の海洋深層水は水深1000m以深ミネラルバランス安定鉛直)と深海600m(海洋学的に中層水ミネラルバランスはまだ不安定)と沖縄国頭村国立自然公園与那覇岳の清流の水3種を自然調合および自然殺菌(加熱と紫外線殺菌)で製品化したものです。(説明図1)

説明図1

CIMG0409.JPG海洋深層水湧昇理論調合水を作るために究極の安定した自然水を薬品無添加で自然調合

で調律水は作られます

                           


                         


                          



森の天然水image001.jpg

100%天然水

天然水にGm0CIMG0399.JPG

添加:フローラ

水道水を自然水に戻す方法

海洋深層image004.png

600m水

海洋深層

1400m水image004.png

3種の水を自然調合

image003.jpg海洋深層水調合液の最大の利点は自然調合にあります。化学物質を一切添加しない自然調合(塩素や保存料、薬品など一切添加していなく且つ紫外線と加熱殺菌)により生命体の潤い調律を担う生命体の組織に素早く浸透させるための極性を持っています。各種生命体に対応する表層から深海水極性及びミネラルバランス水分子が自然調合で存在し人体(生命体)の機能細胞(脳神経、臓器、免疫、体液、活躍筋)を活性化することで消化吸収改善、代謝調律、免疫力活性につながる等、身体の本来の生理機能に改善させるための調合に仕上げています

生命サイクルおよび機能活性の基本は良い水の摂取であり、ある一つの良い水として試供品を提供いたします。

 お飲みいただきたい方は:便秘や下痢の症状のある人:血圧の高いまたは心臓病の心配のある人:その他身体の不調でお悩みの人です。



利用方法例:15℃の水が美味しく飲みやすいといわれています

胃腸潤い水(フローラ)をどのように利用するか

  •  朝の目覚め時にコップ1杯(100cc)飲みます、朝食前に1杯100cc、昼食前に1杯100cc、夕食前にコップ1杯(100cc)、お風呂上がりまたは寝る前にコップ1杯(100cc):500cc/日 摂取の5日(2000cc利用)
  • 毎朝目覚め時に200cc/日摂取の10日(2000cc利用)
  • 体調不良時の保水として(1回分量コップ1杯100cc間隔あけて20回2000cc/日)
  • 健康診断前の数値改善として 朝の目覚め時にコップ1杯(200cc)飲みます、朝食前に1杯200cc、昼食前に1杯200cc、夕食前にコップ1杯(200cc)、お風呂上がりまたは寝る前にコップ1杯(200cc):1000cc/日 摂取の6日(6000cc利用)
  • 身体不自由者または便秘に悩む人の症状改善として朝の目覚め時にコップ1杯(200cc)飲みます、朝食前に1杯200cc、昼食前に1杯200cc、夕食前にコップ1杯(200cc)、お風呂上がりまたは寝る前にコップ1杯(200cc):1000cc/日+その他の水分(みそ汁やスープ、麦茶等)1500cc要摂取の十分な水分摂取6日(やんばるの森と海6000cc利用:水分総摂取量9000cc)
  • その他の利用方法:加湿機に入れて室内の空間環境に利用する、肌荒れのひどい場合スキンミストとしてスプレーボトルに入れて噴霧する、

    良い水は体にいい、という事を認識していても、その理由を明確に知っている人は少ないのではないでしょうか。良い水が体にもたらす効果は、どんなサプリメントや健康食品でもカバーしきれないほど多岐にわたっています。またサプリメントやお薬の作用は十分な潤いを必要とします。まずは水の摂取が健康やダイエットの基本
    毎日水を飲む習慣を持つのは簡単なことではありませんが、おそらくジュースやコーヒー、紅茶など、何らかの手段で水分は取っているはずなので、代わりに水を飲むようにすれば不可能ではないはず。また、普通に暮らしている人の多くは一日に必要な量の水を飲んでおらず、知らず、知らず脱水状態に陥っているため、意識して水を飲むようにすることはとても大切です。若年性糖尿病の原因の一つにペットボトル症候群があることを知る必要があります:身体のバランスが崩れた場合良い水を摂取する必要があります


hosuisaibou.JPG4水が体にいい理由CIMG1369.JPG

理論的な理由として、人体の70%は水であり、生命維持サイクルをコントロールする物質を伝播させます。代謝、栄養摂取、体温コントロール、神経伝達、免疫機能、成長等水なしではサイクル維持は不可能です。お薬やサプリメントも十分な水の摂取により作用します。まずは良い水の摂取が基本となります
1:体重が減る

日常的に飲んでいるジュースや炭酸飲料、あるいはアルコール飲料の代わりに水を飲むことで、それらの持つカロリーを取らずにすむため、体重が増えるのを助けます。また、水は食欲を抑える働きも持っています。また、「おなかがすいたな」と思っている時の多くは、実はのどが渇いているだけだという場合も多いようです。また消化管の潤いにより代謝サイクルの効率が上がるので食事を減らしても栄養の吸収と消費のバランスが良くなり体調を整えることが可能です
2:心臓病を予防する

1日コップ5杯以上の水を飲んだ人は、水をコップ2杯以下しか飲まなかった人よりも心臓病で死に至る確率が低いという調査報告もあります
3:体がへろへろになるのを防ぐ
体重の数パーセントほどの軽い脱水状態でも、体力は低下し、疲れを感じます。「のどが渇いた」と思ったときには既に脱水状態に陥っているので注意が必要。また、脱水状態は疲労、筋力の低下、めまいおよび他の兆候に結びつくこともあります。



4:頭痛を止める
脱水状態が引き起こす症状には頭痛が挙げられます。頭痛がする場合、十分な量の水を飲んでいないことが引き金となっていることがあります。頭痛には、もちろんほかにも多くの原因がありますが、脱水症状はその共通の原因のひとつです。
夏場の場合は塩分不足による頭痛も発生する可能性が高いので水の摂取に合わせて塩分の補給も行ってください



5:肌がキレイになる
水は皮膚をキレイにします。1週間十分な量の水を飲み続けると、肌の調子がよくなるでしょう。潤いに満ちた綺麗な肌は切り傷やアレルギー等の皮膚のトラブルを速やかに解消します、アトピーや慢性的な肌荒れの場合は身体内部からと皮膚等体表面からの潤いのハイブリッド利用で非常に高い相乗効果を期待できます。

6:消化を助ける
消化器系は、食べ物を消化するために相応の水分を必要とし、また胃酸の調整を助けます。また、水の十分な摂取は脱水症状が原因となっていることの多い便秘を改善します。

7:体から悪いものを排出する
水は体から毒素と廃棄物を排出するのを助ける役割があります。
8:ガンのリスクを減らす
先に挙げた消化器系への効果に関連して、水を飲むことで、結腸癌の危険を減らすことが分かりました。さらに膀胱癌の危険を減らし、乳癌の危険を減らすことも可能になるとの報告があります。


9:スポーツでいい結果を出す
脱水症状に陥ると人の動きは遅くなり、思考能力も低下し体力低下や筋肉の運動能力やATPサイクルの低下など、運動競技をする人にとっては致命傷になるかもしれません。良い結果を出すためには水が必要不可欠です。競技の前、競技中、そして競技後に必ず良い水分補給を心がけることが大切です

水のよい摂取方法
一日にどの程度の水を飲むべきか、一般的に2から3リットルと言われており、各人の体重によって必要な水の量は変わります。また、病気にかかったりスポーツのトレーニングをしたりすると、必要な量も変動します。

筋肉量の少ない人(痩せまたは肥満)は身体貯水能力が低下しているので、適度な身体筋肉をつけることも必要です
のどが乾いてから水を飲むのではすでに脱水症状になっているので手遅れです。ということで、1回に100cc程度の水を飲む習慣をつけることを推奨。朝の目覚め時に1杯飲み、食事をするごとにまた1杯飲み、食事と食事の間にも飲み、運動の前後にも飲むなど、「のどが渇いた」と感じることのないようにこまめに水を飲むようにしましょう。このような習慣を助ける方法は以下の通りです。

水を潤い水に変えて摂取する
01:携帯用トンネルフォトン水を持ち歩き水に混ぜてよい水を作る
携帯型のボトルに トンネルフォトン水60db(Gm0調合液)を入れ、持ち歩くと便利です。いつどこでも、千倍希釈で添加(霧吹きで細かく粉砕添加)し必要な海洋深層潤い水を作ることができます。外出時は自販機で天然水を利用する
02:摂取時間割を作り定期的な摂取サイクルを構築しておく

基本的に1回100cc程度の水を数分かけてゆっくり飲むのを1日の摂取量に応じて生活リズムに組み入れる
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 17:01| 沖縄 ☔| Comment(0) | 健康雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。