2014年08月16日

深層水利用ノウハウ資料動画

深層水利用

【関連する記事】
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 19:24| 沖縄 ☁| トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海洋深層水調合液のご家庭での利用方法




















posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 00:01| 沖縄 ☁| トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

深層水利用ノウハウ、新しい治験凍らせてエネルギーを100%利用

深層水利用ノウハウ:新しい発見。凍らせてエネルギーをためるべし
CIMG2434.JPG植物に利用すると何らかのきっかけを作るのか?花が咲き誇りましたCIMG4888.JPG台風8号で根っこから折れてしまい枯れそうになっていました。藁にもすがる思いで2キロの深層水氷散布しておよそ2週間後のハイビスカスの表情です=復活したと

posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 20:33| 沖縄 ☁| トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

沖縄海洋深層水調合液、家事子育て介護支援業務用個人販売可能となりました

sinsousuimohansyoku.JPGCIMG4427.JPG
Gm0調合液500Ml:(海洋深層水1400m・海洋中層水600m・やんばるの森の水)調合水:アクアサイエンス研究所ブランド製品AbyssalFeel100Ml:AbyssalfeelMore100Ml
のお試しセットです スプレーボトルにエネルギー活性化の秘密が隠されています。そのためのセット商品
Gm0でご自身に合った深層水スキンミストを調合ください
価格は税抜き商品価格です別途送料と消費税の加算があります
特別限定品により大幅購入においても商品価格は同じです
送料は複数購入でも1小口送料にて対応いたします:請求書の調整にて対応
ご利用方法は http://syuzou.awk.jp/ にて確認ください
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 19:42| 沖縄 ☀| 健康ダイエットノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

深層水利用シャコ貝養殖栽培

CIMG4573.JPGシャコ貝移植
CIMG3744.JPG梅雨の合間の晴天
CIMG3759.JPG生物サイクルの順調な海域は美しい
CIMG3778.JPG産卵まじかのテーブルサンゴに深層水エネルギーセット
CIMG3803.JPG今年もされにコバルトスズメなどの熱帯魚は繁殖
CIMG4729.JPG移植したシャコ貝は元気を取り戻し2倍に大きく見える
CIMG4726.JPG移植サンゴも順調に成長
CIMG4595.JPG深層水ボトルには最初に藻が繁殖し→その後サンゴの繁殖活性に続く
IMG_4060.JPG産卵まじかの枝サンゴ
sinsousuimohansyoku.JPGタレ瓶はやがて自然に同化する

ラベル:成長 シャコ貝
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 14:53| 沖縄 ☀| トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

20140613トンネルフォトン水60デシベル利用サンゴ復興調査資料

さんご
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 21:22| 沖縄 ☔| トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

豊富な二酸化炭素で成長促進中のシャコ貝の記録開始

鉢植えの栄養素:キャップは絞
めたままセット
マグロ集魚用深層水:もっとも
CIMG4573.JPGフォトンエネルギーが大きいの
でセットした
5月3日:ホンダワラが着床し
成長している
脳サンゴの仲間も復活
アオサが覆っている
タカセ貝の稚貝が見られる
シャコ貝一回り大きくなってい
脳サンゴの一種は活性化の時期
に入っている
ラベル:成長 シャコ貝
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 22:36| 沖縄 ☀| トンネルフォトン利用例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

沖縄南城市志堅原海域の深層水利用サンゴ復興は順調です

海洋深層水調合液とは、私の示す海洋深層水調合液は世界初の海洋深層水湧昇理論で作られた製品で且つアクアサイエンス研究所:鈴木俊行様の目的に応じた倍率の総称で表示している、倍率のわかるものは音=波動の増幅率㏈で記載している

 今回テストに用いたのは80デシベル調合液と新開発のマグロ集魚用に特別に作られた製品の対象テストとして藻類の付着状況及びサンゴの付着状況を対比する方式で始めた
CIMG4427.JPGこのように深層水にタグ付け新たに開始3月31日
CIMG4429.JPGこのようにセットしています。これは3週間前に設置の100デシベルボトル

CIMG4431.JPGマグロ集魚用は3週間でサンゴの着床認める
CIMG4432.JPGこのようにセットしています。これは3週間前に設置の100デシベルボトル
CIMG4513.JPGマグロ集魚用は3週間でサンゴの着床認める
CIMG4522.JPGシャコ貝は採られてしまったので、波打ち際に打ち寄せられて砂に埋まりかけたシャコ貝を移植しマグロ集魚用深層水ボトル設置3月31日
CIMG4571.JPG3月31日の状況

CIMG4572.JPG3月31日の100デシベル(上の緑糸目印)と下マグロ集魚用深層水(下オレンジ糸目印)
CIMG4573.JPG5月3日シャコ貝の成長とホンダワラやタカセ貝の繁殖及び脳サンゴの復活を認めた
CIMG4595.JPGマグロ集魚用は藻類やサンゴの着床著しい(トンネルフォトン水60デシベルとほぼ同じ効果)
CIMG4638.JPG赤土汚染で荒野と化した礁池も回復志シャコ貝の着床とサンゴや藻類の繁殖が確認できた。復興は加速的に起こるレベルになったと思う、8月ごろのサンゴ産卵期に調査することで確認できそうである
CIMG4653.JPG綺麗な水域でしか育たない海藻も見られ始めている
CIMG4657.JPG活力を取り戻した礁池は美しい
CIMG4598.JPGここは深層水利用及び観察開始から7年目:自然の力で復興が可能なレベルになってきたと考える。ここも深層水を散布しています。その理由はここを拠点に広がりを起こさせるためであり実際にここ数年間で周囲300メートル目で広がりを認める:サンゴの干出下部分に藻類がかぶっている、これにより白骨化を抑制している、魚やナマコ等の承知生き物はこの部分は食べないでのこす傾向がある=おそらく自分の環境を守るための知恵か?自然のサイクルの始まりは水→藻類→サンゴや源虫→ナマコや魚介類の草食生物→肉食魚及びオニヒトデ等のコントロール生物のサイクル化によって調律されていると思われる
始まりは生命水(地下水や深層水など熟成した水)
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 10:34| 沖縄 ☔| トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

ソデ烏賊コラーゲン抽出レシピ

美容健康介護食用アイテム、コラーゲンを自分で作り置きする方法の説明用スナップ写真
ラベル:コラーゲン
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 18:32| 沖縄 ☔| 調理、レシピ、秘伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

トンネルフォトン水80デシベル、60デシベル、20130624製造集魚調律水テスト開始

CIMG4178.JPG20140130(旧暦12月30日大晦日)緑糸80デシベル、オレンジ糸、新開発マグロ集魚用調律水=キャビテーション発光が最も長く続く(72時間から120時間)製品CIMG4186.JPGアオサの繁殖は順調
CIMG4189.JPG治験サンゴ礁池
CIMG4190.JPG昨年末に設置した60デシベルボトル、アオサと同化
CIMG4191.JPG深層水ボトルはサンゴに同化
CIMG4193.JPGこれがズーム写真
CIMG4196.JPGサンゴの復興に藻類の繁殖は欠かせない、液体肥料とトンネルフォトン水60デシベル設置
CIMG4197.JPG
CIMG4199.JPG80デシベル、新開発調律水設置
CIMG4201.JPG80デシベル、新開発調律水設置:糸の目印で追跡確認を行う
60日後に、大きな自然繁殖を確認できるものと考える。次回の調査及び深層水補充は4月2日(旧暦3月3日浜下りの日に予定)
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 11:25| 沖縄 ☀| トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

カジキフレンチ風ステーキのレシピ

カジキマグロこれは刺身用です、沖縄ではキハダの生が美味しくて、影をひそめた上級カジキです。
売れないので売れるレシピを開発しなければなりません。
カジキは希少なのでマグロより高値傾向を示すのに、一般には消費傾向は良くない。
そこで最高の刺身用素材を利用したカジキフレンチ風ステーキをご紹介します。

kajikisuteki.jpgこのステーキはセリ人だけが食べれる希少なハラゴーです。軽く塩コショウ
kajikitizu.jpg固形チーズをスライスして盛ります
kajikisiso.jpg私は青シソが好きなので載せました。香味野菜でよいです。
kajikimayosarusa.jpgマヨネーズたっぷりとサルサカイワレまで載せました。シイタケも合います
kajikimorituke.jpg焼き上がり盛り付け
kajikisteakwowaitososu.jpgこれは塩コショウの素焼きにヨーグルト、マヨネーズ、荒引きコショウ、クミン、白ワインのソースであっさりでありながら、噛むと肉汁の広がるへービーな食感でDHA,EPAたっぷり配合のヘルシーな仕上がり。赤身のマグロでもよいです。マグロの場合繊細な食感でタウリンを多く含みます。ここ最近のセリ値で考えたらマグロを素材にしたほうが経済的です。あとニラが非常に相性が良い
ラベル:レシピ カジキ
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 20:26| 沖縄 ☁| 調理、レシピ、秘伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

正月スピードクッキング、賄い寿し

 ご家庭でしかできない介護食、誤嚥なしの握りすしの作り方レシピ



平成25年8月19日 周超音波研究所発行 URL http://syuzou.awk.jp/



@   
 介護食用のお米を調達しましたkomai.jpgkometaki.jpg



粒の大きさはおよそ1.52o:炊き上げは通常の水の分量の30パーセント程度増量で丁度よい炊き上げになりました(Gm0=トンネルフォトン水60㏈0.3cc添加炊き上げ)sumesi.JPG










































通常のご飯の半分以下の大きさ


 CIMG3912.JPG


つまようじの径は1oなのでその大きさを確認ください





A   
すしネタは、キハダマグロとアトランティックサーモンハラスを使用






















ハラスとは、この矢印の示す大トロ部分です


 CIMG4003.JPGCIMG4098.JPG


アトランティックサーモンは全身トロの極上品ブランドです





 



 



 



 



 



 kaigoyousamonkiridasisusi.JPGmaguronigirisusi2.JPGBCEAB4ACA4AD.JPGBCEAB4ACA4ADA3B2.JPGkyukyokutorosodeikanigirisusi.jpgA5E1CBAABCABC1B3.jpgkaigosyokuresipinigirisusi.JPGkaigosyokuresipinigirisusi6.JPG



 



 



 



B意外と多く残っていますので、海洋深層水が十分浸透するまで空気を含ませるように撹拌します









麺つゆとみりんを1:1で調合して、酒気が飛ぶまで煮詰めました、とろみをつけてジャムレベルに硬くしています


 


隠し包丁は格子状に1o深さで入れています:ネタの厚さは2o


 


















 



Cミキサーに大サジ山盛りのミンチを1杯に対して麺つゆ2倍希釈を小さじ1杯、水道水大サジ3杯を混合して30秒ほどミキサーにかけて出来上がり



ソフトでクリーミー且舌で感触があり、醤油のグルタミン酸とマグロのイノシン酸の相乗効果で食欲は脳で活性化するとのこと、栄養はDHA,EPA,タウリンはもちろんのこと、介護食に意外と入っていないセレンがマグロにバランスよく配合されている。それが最も重要な事項であり魚類摂取で消化吸収が良いとされている。学童期におけるアミノ酸スコアー100/吸収率100と文献に書かれていた:



CIMG2807.JPGCIMG3039.JPG


















介護用スプーンに乗せてスプーンで位置を固定して噛み砕くこともできます


隠し包丁を入れることで、醤油たれは馴染みます:嚥下障害の強い人は,空のスプーンにたれを少々つけて奥歯に添えて咀嚼訓練と唾液の分泌を行ってから食事に入ります





アクアサイエンス研究所製品(深層水湧昇理論水Gm0調合液)は個人販売希少です



このレシピを完成させるためには必要なアイテムです
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 19:03| 沖縄 ☀| 調理、レシピ、秘伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

海洋深層水調合液のフォトンエネルギー観察に成功しました

沖縄海洋深層水調合液(自然湧昇理論で作った深層水調合液)のフォトンエネルギーの観察記録に成功しました。調律水の新調合液6月24日製造品をサンプル使用
これはホンマグロはえ縄漁の集魚用に製造した調合倍率とアクアサイエンス研究所開発研究員より報告を受けています
これらのマイクロキャビテーションや発光現象、トンネル効果などの物理的特性量が水の調律を担う=生命体の水として活用されるのでしょう
見た目ただの水ですが、違いを表示可能となりました
沖縄のニライカナイの贈り物は深層水エネルギーかもしれません
現在沖縄の人はその御利益を受けていないと思われます
何故なら自然調合の環境が破壊されているので
辺野古埋め立てでさらに海洋環境は負のエネルギー順位に変動するでしょう

ラベル:海洋深層水
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 19:21| 沖縄 ☔| トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

猛暑を乗り切れ:ウナギのかば焼きの作り方

CIMG3900.JPGウナギのかば焼きレシピ 周鮮魚賄い風20130814



Shuzou Arakaki http://syuzou.awk.jp/

1今回の仕入れ食材 



富士香特上ウナギ無頭タレグレース処理急速冷凍1尾200g製品です価格1尾 時価変動 円(通常の2尾分の大きさ)

2 こだわりレシピ



@  ウナギのたれの調合 醤油1:みりん1:砂糖又は他の調味料1カップに対して大サジ山盛り2杯



・みりんを強火で煮詰めて酒気を飛ばします→そこに濃い口醤油を追加します→煮立ってきたら砂糖を大サジ山盛り2杯を添加して煮詰めます→15分ほど焦げ付かない程度に煮詰めます(粘調度は市販のはちみつ程度


@   
ウナギのグレース除去CIMG3884.JPG



・グレース除去は基本日本酒で洗うのが基本です:今回は水道水にブラシを使ってきれいに除去しました


@   
調理CIMG3887.JPG

 

ウナギがでかいので3センチ幅でカットしました


フライパンにみりん又は日本酒を50cc入れて蒸し焼き

 

最初に皮面を焼き煮込みます強火3分の焦げ付かない程度

CIMG3891.JPG

準備調合しておいた特性タレをスプーンでまんべんなくかけていきます



ウナギを返して煮込みます→すぐに閉じ蓋

CIMG3893.JPGCIMG3894.JPG


蒸している間に金糸卵を作ります卵2個に深層水Gm0 0.3添加で軽く撹拌

CIMG3895.JPG


取り出した卵焼きは包丁でたたくように細長くカットします

 





焼き上げた金糸卵は極上小粒米ご飯にまんべんなく敷き詰めます

CIMG3896.JPG

ご飯に金糸卵を盛り付けた重箱に敷き詰めます



刻みのりやカイワレで飾り付けします

CIMG3900.JPG

香りが調和し、ご飯にしみこむように重箱の蓋をして食卓に配膳します

CIMG3902.JPGCIMG3901.JPG

香辛料や彩菜はお好みに応じて、海苔は風味が引き立つアイテム

山椒はウナギの風味を煌めかせるアイテムをお忘れなく

今回のリサーチ記録:

 

シンプルイズBest



posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 09:45| 沖縄 ☁| 調理、レシピ、秘伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

トンネルフォトン水環境利用ノウハウ、6月23日サンゴ調査記録

今日は慰霊の日です私は未来の人へ贈り物を復興中
写真はサンゴ礁池の復興状況です
CIMG3781.JPGCIMG3759.JPGCIMG3753.JPGCIMG3766.JPGCIMG3793.JPGCIMG3798.JPGCIMG3817.JPG
動画は光と二酸化炭素で成長するシャコ貝です

成長は早く4年目でこのレベルに成長しました。産卵可能な大きさになりました
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 15:35| 沖縄 ☀| トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

介護食レシピ:皆で楽しく握り鮨パーティー

介護職にはあり得ない握り鮨レシピCIMG3372.JPG超音波目利きで骨のジョ子を確認

CIMG3369.JPG骨は無し:油の乗りの良いアトランティックサーモン ロイン
CIMG3373.JPG寿司ネタに切ります

CIMG3028.JPGシャリは小粒の格安米を深層水で炊き上げ上級品に仕立てた
deepseawarteregg1.jpgdeepseawarteregg6.jpg卵焼き
CIMG3490.JPG介護スプーンに乗る大きさで握る
CIMG3492.JPG醤油はとろみをつけてありスプーンでかける
CIMG3493.JPGちょうどよい粘調度です:隠し包丁も入れてあります
CIMG3490.JPG介護リハビリ食なので、本人にがんばってもらうため、お膳に乗せて回転式での賞味進行です
ラベル:介護食 寿司
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 21:32| 沖縄 ☀| 調理、レシピ、秘伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

トンネルフォトン水究極利用ノウハウ:7月10日に行ったサンゴ復活 4潮回り(8週目)の調査確認に行ってきました 先日と先週火曜日に台風直撃を受けた後の経過観察報告です

7月10日に行ったサンゴ復活
4潮回り(8週目)の調査確認に行ってきました
先日と先週火曜日に台風直撃を受けた後の経過観察報告です
写真は7月10日
sikenbarusango.jpg
次の写真は9月7日
100907_1121~0001.jpg100907_1122~0002.jpg100907_1122~0001.jpg
詳細はsango0907img.pdf
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 20:21| 沖縄 ☔| トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

古米を美味しく炊き上げ家計を節約 方法は簡単!

古米を美味しく炊き上げ家計を節約
方法は簡単!
安いお米(古米や流通米)準備します。
水道水で米磨ぎします。
トンネルフォトン水、スプレーボトルで1合に対して1吹きします。
写真古米.jpg
3合の場合3吹き込み
水を1.1倍に増量添加3合の場合3.3号分の水足し
炊きあがり写真米炊き.jpg
ラベル:お米炊き
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 12:28| 沖縄 ☀| トンネルフォトン利用例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

色の乗りすぎたメバチマグロロインを海洋深層水Gmoと天然海水の調合液散布でどの程度回復するかの実験を行った。

昨日に当研究所に持ち込まれた、色の乗りすぎたメバチマグロロインを海洋深層水Gmoと天然海水の調合液散布でどの程度回復するかの実験を行った。
091126_1416~0001.jpg写真は持ち込まれて処理直後に撮影したもので、ロイン表面に調合液100ccを霧吹きで散布後数分経過の状態を記録しました。すでに表面は色合いが薄くなってきています。冷蔵庫にマイナス2℃送風空冷方式で且つ傾斜法併用で空気の流動性と余分なドリップ排除を試みた手法をとりました。
次の写真は091127_0811~0003.jpg18時間後に記録した写真で身質は透明感がよみがえり色合いも明るい朱色に戻ってきています。中心部にゆっくり酸素が浸透してきております。明日までには品質は良くなっているものと予想されます。
テクスチャーの最終評価は仲卸業者が行います。
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 19:51| 沖縄 ☁| 深層水利用ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

海洋深層水調合液のご家庭での利用方法

okinawakaiganB / syu
tagトンネルフォトン水60㏈を蚊に刺された直後に散布 / “トンネルフォトン水虫さされケーアーの例: トンネルフォトン水利用で健康、美白、調理、自然回復などのお役立ちノウハウを掲載” http://t.co/N6uxnVCW at 11/20 20:13

okinawakaiganB / syu
『トンネルフォトン水虫さされケーアーの例』トンネルフォトン水利用で健康、美白、調…|http://t.co/WLTLfAPN #トンネルフォトン水60㏈を蚊に刺された直後に散布 at 11/20 20:12

okinawakaiganB / syu
沖縄糸満、港川、知念水揚げ魚介類情報 at 11/20 01:53

okinawakaiganB / syu
『2012年11月19日医療画像ノウハウ:アプリ』医療超音波放射線画像検査技術を基礎に戻…|http://t.co/FGlQ2Dkt at 11/20 01:53

okinawakaiganB / syu
『医療超音波技術一般への応用ノウハウ健康ダイエットグルメ、品質』医療超音波技術を応用した食:健康:ダイ…|http://t.co/gLB59h3F at 11/20 01:51

okinawakaiganB / syu
夜光貝螺鈿技術と医療3次元画像レンダリング技術採用の工芸品が始まる at 11/20 01:51

okinawakaiganB / syu
『海洋深層水調合液のご家庭での利用方法』トンネルフォトン水利用で健康、美白、調…|http://t.co/j43f5tX4 at 11/20 01:51

okinawakaiganB / syu
『2012年11月19日過去調査研究資料へ』 アイディア先端技術で省エネを目指す周…|http://t.co/xd8YQ1Yq at 11/20 00:21

okinawakaiganB / syu
2012年11月19日のツイート http://t.co/xzSYe1JH at 11/20 00:14
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 00:01| 沖縄 ☀| トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

トンネルフォトン水虫さされケーアーの例

写真は今日の治験例ですトンネルフォトン水60㏈を蚊に刺された直後に散布
CIMG2922.JPG
1時間後の経過写真、消えました
CIMG2924.JPG
私は医者ではないので効能や効果などといった用語は使えません
写真で判断ください
資料PDFsinsousuiyoku001.pdf
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 20:12| 沖縄 ☀| 深層水利用ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海洋深層水調合液のご家庭での利用方法

okinawakaiganB / syu
沖縄糸満、港川、知念水揚げ魚介類情報 at 11/19 01:49

okinawakaiganB / syu
『2012年11月18日医療画像ノウハウ:アプリ』医療超音波放射線画像検査技術を基礎に戻…|http://t.co/t85k5eT5 at 11/19 01:48

okinawakaiganB / syu
『医療超音波技術一般への応用ノウハウ健康ダイエットグルメ、品質』医療超音波技術を応用した食:健康:ダイ…|http://t.co/FYI3mAk8 at 11/19 01:46

okinawakaiganB / syu
夜光貝螺鈿技術と医療3次元画像レンダリング技術採用の工芸品が始まる at 11/19 01:46

okinawakaiganB / syu
『海洋深層水調合液のご家庭での利用方法』トンネルフォトン水利用で健康、美白、調…|http://t.co/kdCifRbg at 11/19 01:46

okinawakaiganB / syu
『2012年11月18日過去調査研究資料へ』 アイディア先端技術で省エネを目指す周…|http://t.co/HjR4BEPM at 11/19 00:21

okinawakaiganB / syu
2012年11月18日のツイート http://t.co/9kSgZRqB at 11/19 00:15
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 00:01| 沖縄 ☀| トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

Experimental observation 5MHzB-mode ultrasound of frequency of occurrence ofcavitation when irradiated with ultrasonic wave 1MHz burst in deep ocean waterand tap water Gmo

Experimental observation 5MHzB-mode ultrasound of frequency of occurrence ofcavitation when
irradiated with ultrasonic wave 1MHz burst in deep ocean waterand tap water Gmo
Shuzo Arakaki Institute ultrasonic lap 11 June 2010
URL http://syuzou.awk.jp/
At the beginning
Be observed in non-clear echo was observed when the liquid 5MHz B modeultrasonic diagnostic
apparatus using the medicine. Was observed the occurrence of high-intensity flashing inside the
boundary surface and observe in the state but went into the plastic bottle. This
was considered or not (hollowing)phenomenon cavitation occurred is reflected and
scattered wave interference.Experiments were conducted about what can be seen that the
difference infrequency of occurrence of cavitation was observed at 5MHz B mode and tap
water Gmo deep ocean water. The significant difference is reported to occur as a result the frequency
and intensity.
Experimental Method
HS-1500 ultrasonic medical diagnostic equipment used equipment made byHondadenshi
Probe using 5-7.5-10MHz frequency linear probe multi-
96 ㏈ gain focus 40 mm single 5MHz center frequency setting range
75 ㏈ monitor gamma setting r-1 dynamic range
2 l PET bottle manufacturing liquid formulation Gmo a specimen sample AquaScience, Inc.
2 liters of tap water replaces the plastic bottle container production sample bAqua Science, Inc.
Experiment
Was covered with a wrap is applied to probe the jelly in order to improve theadhesion, as shown
in a photo. PET bottles start observe professional unit makes good contact there in the
corner there are 4 bottles a smooth surface. Bottomdepth of up to 11 centimeters
Wrapping jelly to fill the prob
e
Adhesion to a smooth
surface observation PET
bottles
Beamisirradiated diagonally
PET bottles
Adhesion observed quietly the ultrasonic probe, static observation
The results reported
@ Admit the occurrence of multiple reflection artifacts clear to Gmo deep watercompared to tap
water @
AAdmit the occurrence of cavitation in extra tap water compared to deep waterGmo A
BRecognize a distinct rise in brightness cavitation Gmo deep water compared totap water B
C high luminance signal flashing tap water is observed in the slit-like brightnessof around
3 mm width
D Gmo is flashing high-intensity signal, the luminance level is higher than thefrequency of
occurrence is lower than the tap water tap water is observed in theslit-like brightness of about
1.5 mm width
Are observed to move the
flashing and high-intensity signal
Multiple reflection artifacts
High-intensity signal is high frequency of
occurrence is low
Acknowledge clearly the multiple
reflection artifacts. Direction was
observed thatthe probe
beam irradiation to the
same diagonal shape suggests it has
occurredto the same location and tap water
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 19:50| 沖縄 ☀| 超音波Bモードで観る食材の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

トンネルフォトン水60から100デシベルのキャビテーションとルミネッセンス超音波bモード走査確認動画

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/KE25IESuPHA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>埋め込み動画はトンネルフォトン水のキャビテーションテストの超音波Bモード観察記録です
発光強度と整列時間の素早さを確認ください
何故に1400メートル深の深層水を取水しなければならないのか?
理由は沿直化域値は1000メートル
ミネラルバランスの安定も1000メートル
そしてその究極の安定深さが1000から2000メートル深であること
破壊せずに調合だけでミネラルマトリックス配列を調節した逸品の超音波評価を確認ください
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 22:08| 沖縄 ☀| 深層水利用ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

トンネルフォトン水60デシベルは最も生命体に共鳴する周波数を持つ20121025の記録写真

2012年10月25日の沖縄南城市堀川沿岸のトンネルフォトン水60デシベル利用サンゴ復興ノウハウ資料写真リンク https://plus.google.com/photos/113251867864534749985/albums/5803069012861623425
CIMG2817.JPG 醤油のたれ瓶に封入してセットすると自然に同化する
CIMG2834.JPG 中心部の復興完了横に伸ばす
CIMG2839.JPG中心部にセット

CIMG2843.JPG2か月前のたれ瓶はサンゴが付着、その隣にセット
CIMG2854.JPGほぼ回復したこれ以上は必要ないと思う
CIMG2869.JPGここは小さな池ですが周囲の池と小さな水路でつながっているので周囲に繁殖域拡大のためサンゴの瓦礫にセットして投入
その後魚がうれしそうに舞っている
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 21:32| 沖縄 ☁| トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

トンネルフォトン水60デシベル(Gm0調合液)でサンゴの森の環境は改善された(台風襲来も好影響と考える)

トンネルフォトン水60デシベル利用のサンゴの森復興は順調に進んでいる写真はキーぽいんんと一覧リンクの場合

たれ瓶を使う理由:たれ瓶は食材の調味料を入れる容器ですので、殺虫剤や保存化学料は添加されていないです、そのためトンネルフォトンエネルギーで活性化した藻は基礎として利用し2カ月で表面にサンゴや藻が着床します
CIMG2817.JPGCIMG2820.JPGCIMG2819.JPGCIMG2823.JPGCIMG2834.JPGCIMG2835.JPGCIMG2836.JPGCIMG2839.JPGCIMG2843.JPGCIMG2846.JPGCIMG2848.JPGCIMG2869.JPGCIMG2874.JPGCIMG2875.JPGCIMG2884.JPGCIMG2885.JPG
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 16:58| 沖縄 | TrackBack(0) | トンネルフォトン環境利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

トンネルフォトン水80デシベルで作った氷でスーパーチルドした鮮魚の深層水生鮮解凍のノウハウ

写真は港川製氷機で作った海洋深層水氷でスーパーチルド処理したCIMG2781.JPGCIMG2782.JPG小笠原鮮魚を海洋深層水で急速解凍しその後生き締め処理の状態
CIMG2783.JPG内部観察をした桜鯛2尾は今日の夕食に仕込中です
牛乳に深層水塩を添加し下味付け→ニンニクとカレー粉をまぶし→5℃の冷蔵庫で熟成保冷
白ワイン蒸しで調理の予定
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 13:24| 沖縄 ☀| トンネルフォトン利用例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

トンネルフォトン水利用で古米を美味しく炊き上げ家計を節約方法は簡単!

古米を美味しく炊き上げ家計を節約
方法は簡単!
安いお米(古米や流通米)準備します。
水道水で米磨ぎします。
トンネルフォトン水、スプレーボトルで1合に対して1吹きします。
写真古米.jpg
3合の場合3吹き込み
水を1.1倍に増量添加3合の場合3.3号分の水足し
炊きあがり写真米炊き.jpgその他環境利用CIMG0177.JPGKC3Y0020.jpg
深層水ソープ作り110412_1237~01.jpghttpsyuzou.awk.jpOkinawa%20deep-ocean%20water%20technologyOkinawa%20deep-ocean%20water%20technology.html.jpg110412_1239~02.jpg
posted by ShuzouArakaki超音波研究所 at 07:12| 沖縄 ☁| 調理、レシピ、秘伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする